2016年04月13日

Let's gather! project りんごの森



こんにちは、ロハスフェスタin東京で、おなじみとなりましたUCHICOLOR「りんごの森」です。
今回ロハスフェスタ東京 2016 SPRINGでは、定番の「りんごの森」ジュースに加え、東京ロハスでは初めてのお披露目となります「りんごの森ジャム」もご用意いたします。
岩手県の完熟紅玉をメイポール果汁でコトコトと時間をかけて作りました。お砂糖も水も控えておりますので、りんご丸ごといただくような美味しさと評判です。
「りんごの森」シリーズのラベルは、ジュースもそうですが、ジャムもとてもかわいいです!
是非この機会にお手に取ってみて下さい。
※「りんごの森」は市販しておりません。直販は会場内Let's gather! projectブースのみです。





定番の「りんごの森」ジュースは、震災後岩手から誕生した、新感覚の創作りんごジュースです。
日本でも大変珍しく希少な、果肉まで赤い小さなりんご「メイポール」(岩手産)を使っています。
酸味が爽やかで、豊な味と香りが自慢の100%ストレートのりんごジュース。甘すぎるジュースは苦手という方にも好評です。飲みきりサイズの小瓶で、お子さんにも持ちやすく、ラベルもかわいいと、人気なんですよ。
お年寄り、ご病気の方、お子さま、お酒の好きなおとうさん、家事や子育てで忙しいおかあさん、飲めばみなさん、わかっていただけます。今までのりんごジュースは・・・いったい何?と思ってしまうかもしれません。

ところで、みなさん「メイポール」というりんごはご存じですか?
もともとは春の花は鑑賞用、岩手のりんご園では、その花粉がふじの受粉に相性がよいというので10年以上前に導入されました。春にはこんなにびっしりと濃いピンク色の花を咲かせます。



そして、秋、メイポールは、中身まで赤いゴルフボールほどの小さなりんごを実らせます。
枝を空へ空へと伸ばす樹形から、バレリーナツリーとも呼ばれています。



そして、UCHICOLOR「りんごの森」には、心強い戦士たちが勢ぞろい!
りんごにかける情熱と研究を、持前の誠実さで続けている岩手県の精鋭!りんご園の園主さんたちです。
彼らのもとで、大事に育てられ、丁寧に収穫されたりんごを厳選して、「りんごの森」は作られます。
(紫波郡矢巾町:中野忍さん 花巻市:晴山昌晃さん、八重樫甚一郎さん 北上市:伊藤敦さん、伊東敬治さん 盛岡市:吉田正樹さん) 



お時間ある時に、UCHICOLORのサイトもご覧だくさい。
(これまでのロハスフェスタ東京でのフォトアルバムなどもご覧いただけます)
http://www.uchicolor.com/ 

また、毎年ロハスフェスタ東京での「りんごの森」の収益の一部は、UCHICOLOR HEARTとして「森の長城プロジェクト」へ寄付され、東日本大震災で被災した東北各地(宮城県・福島県・岩手県)での植樹活動に還元されております。
その他、三陸地方の医療に寄り添うチャリティーとしても還元されおります
私たちUCHICOLOR HRART活動も震災直後から、「ふるさと遠きにありて想う者」として、東北を想い続け、忘れず一歩一歩活動しております。(詳しくは、UCHICOLORのサイト「これまでの活動」をご覧ください。)





同じカテゴリー(第7回ロハスフェスタ in 東京 光が丘)の記事画像
フリーエリアにプレーパーク登場!
小さなお子様へは迷子ステッカーを
ロハスフェスタから生まれた本 ロハスブックvol.3
ロハスこだわりグルメ・アワード
スタッフのコミュニケーションチャーム着用
ロハスフェスタ給茶スポット supported by ZOJIRUSHI
同じカテゴリー(第7回ロハスフェスタ in 東京 光が丘)の記事
 フリーエリアにプレーパーク登場! (2016-04-14 11:00)
 小さなお子様へは迷子ステッカーを (2016-04-14 11:00)
 ロハスフェスタから生まれた本 ロハスブックvol.3 (2016-04-14 10:00)
 ロハスこだわりグルメ・アワード (2016-04-13 19:23)
 スタッフのコミュニケーションチャーム着用 (2016-04-13 19:12)
 ロハスフェスタ給茶スポット supported by ZOJIRUSHI (2016-04-13 19:02)