2015年02月18日

「お金」ではない「想い」のやりとり



突然ですが、日本人は一年間でどれくらいの服を買っていると思いますか?

なんと10キロもの服を買っているそうです。しかも、そのうち9キロは捨てていると言います。

このままモノを買い続け、捨て続ける生活が続くはずがありません
ロハスフェスタでは、ものが循環する豊かな社会づくりを目指し服の交換パーティー(xChange)を開催しています。

自分ではもう着ない服や使っていない鞄だけど「誰かが欲しいかもしれない」ファッション・アイテムをロハスフェスタに持ち寄りましょう<
アイテムには、そのモノにまつわる思い出や次の方へのメッセージを「エピソード・タグ」に丁寧に書いて付けて来てね。

会場で自分のアイテムをコーナー担当者に渡したら、参加者それぞれが好きな服を持って帰れる、というシンプルな仕組み。
クローゼットの整理ができて社会貢献にもなる人とのつながりというあたたかさも体感できる楽しいパーティーにアナタも参加してみよう!

どんなものを持っていけばいいの?

ロハスフェスタでは洋服だけでなく、帽子、カバン、など、ファッション・アイテムならOK。
ただし最近洗ったもの汚れがあっても目立たないもの他の人に喜ばれるだろう、と思われるものに限ります。
xChangeは不要品の回収場所ではありません!
あくまでも、他の方が欲しいだろうなぁ、自分ももらったら嬉しいだろうなぁ、というアイテムをお持ち込み下さい。
xChangeは「みんなで作るワードローブ」のようなイメージです。

お持ち込み頂くアイテムのクオリティーや皆さんのマナーが、イベントの善し悪しを決めます。節度のあるご参加をお願いしています。

xchangeは「お金」でない「思い」のやりとりです。
会場で体験してみてね☆
エピソードタグのダウンロードなどはコチラ→http://letsxchange.jp/about/tag